2016年02月01日

1月度概況

access1601.jpg1月度の弊社HPへのアクセスは図のようになりました。このところ多少増加しているような印象も受けますが、まずは従来レベルといえる状況でしょう。

今月度の特記事項は、本年の6月6日から7日にかけて仙台で開催されますHPCS2016(2016年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム)での発表を申し込んだこと。エントリー締め切りが1月29日、論文アップロード締め切りが2月5日という、かなり厳しいスケジュールとなっております。

本年度の学会発表につきましては、例年8月末に開催されておりますDAシンポジウムで行うことを当初計画したのですが、情報処理学会のカレンダーをみたところ、このシンポジウムの開催はまだアナウンスされておりません。その一方で、HPCS2016の募集案内が目にとまったのですね。

HPCSは「ハイ・パフォーマンス・コンピューティング」をうたっておりまして、FPGAを用いる高速演算装置を発表するにはまさにぴったりの場です。一方のDAシンポジウムは「デザイン・オートメーション」であり、開発環境が主体となります。どちらで発表するのがベストかといえばもちろんHPCS。そこで、厳しいスケジュールをやりくりして、こちらでの発表を目指すこととした次第です。

1月度も、コンサルタントの業務がいくつか入っていたのですが、打ち合わせや今月締め切りのレポート以外は2月6日以降に処理することとして、何とか2週間程度の時間を確保いたしました。論文につきましては、おおよその部分はできておりますが、まだまだ見直しが多々必要です。なんとかこれを2月5日の締め切りに間に合うように完成させなくてはいけません。

2月5日さえ乗り越えれば、発表関係の残る仕事は6月6日の発表までにプレゼン資料を作ることだけ。かなり余裕が出てまいります。もちろん、先送りしておりますコンサルティング業務をそれぞれの締め切りに間に合わせなければなりませんので、2月もかなり大変な月になりそうではあります。

発表内容につきましては、これまでと同様、発表日以降にHPに掲載いたします。ご期待ください。
posted by 管理人 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173210900

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ