2015年04月01日

3月度進捗状況

access1503.jpg3月度の弊社HPのアクセス状況は図のようになりました。ページビューはここ何か月か比較的高いレベルにあったのですが、先月あたりから旧来のレベルに戻しております。なお、3月は多少大きく落ち込んでおりますが、大学関係の春休みの影響ではなかろうかと考えております。

先月度のこのブログに書きましたように、3月はコンサルティング業務が立て込み、コーディング作業はほとんど手つかずとなっております。業務がひと時に集中するのは大変ではありますが、繁忙期と閑散期がはっきり分かれておりますと、ある時期にはコーディング作業に集中できるというメリットもあります。ここは受けた仕事をきちんきちんと遂行するだけです。

その他、パイプライン処理に関係するかもしれないニュースがいくつかありましたのでご紹介しておきます。

その一つは、「グーグルが半導体の設計者を雇う理由」と題する3月2日付BLOGOSの記事で、従来は汎用のCPUボードとハードディスクの組み合わせで巨大なデータ処理を行っておりましたGoogleが、ここにきて半導体の設計に力を入れ始めたとのこと。Googleもいよいよ、CPUから並列処理へと動き出そうとしているのかもしれません。

もう一つは「インテルがAltera買収で交渉中、過去最大の買収」と題する3月31日付の日経新聞記事です。インテルはCPUのトップメーカで、アルテラはFPGAの第2位のメーカ(首位はザイリンクス)。インテルは独自にFPGAの開発を行っているというニュースは過去に流れておりましたが、ここにきてFPGAへの参入を本気で考えているようです。

3月の最初と最後にありましたこれらのニュースを見ておりますと、CPUからパイプライン処理に機械計算の技術のトレンドが変化する、最初の兆候であるかもしれません。もしそうであると致しますと、弊社の読みは的中ということになるのですが、そうならそうで我々のソフトの製品化も急がなくてはいけないという、痛しかゆしの状況でもあります。

いずれにいたしましても、のんびりとやっておられるような状況ではなさそうです。
posted by 管理人 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/116024698

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ